参議院選挙2019静岡県選挙区の開票結果速報と情勢出口調査|立候補者の当落予想も

本記事では第25回参議院議員選挙(2019年7月21日投開票)から静岡県選挙区の開票速報・開票結果・当選者落選者の当確出口調査についてご紹介しています。

また、立候補者一覧情報と、当落予想、最新の情勢調査もご紹介しています。

目次

参議院選挙2019静岡県選挙区の開票速報・開票結果・NHK出口調査当確速報

参議院選挙2019静岡県選挙区の開票速報・開票結果は各種報道メディアによる開票速報やNHKなどの当確出口調査情報が発表され次第随時、記事を更新していきます。投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果 氏名 年齢 党派 新旧 主な肩書き
当選 牧野 京夫 60 自民 参院議員(2期)
徳川 家広 54 立憲 政治経済評論家、翻訳家
当選 榛葉 賀津也 52 国民 参院議員(3期)
鈴木 千佳 48 共産 党静岡県常任委員
畑山 浩一 49 N国 トラック運転手

[quads id=1]

参議院選挙2019|静岡県選挙区の立候補者一覧

今回の静岡県選挙区は改選数2で、立候補者は5名です。

  • 榛葉 賀津也 51  国民・現
  • 鈴木 千佳  47  共産・新
  • 牧野 京夫  60  自民・現
  • 徳川 家広  54  立憲・新
  • 畑山 浩一  49  諸派・新

静岡県選挙区の立候補者

榛葉 賀津也(しんば かづや)の経歴やプロフィール

  • 名前:榛葉 賀津也(しんば かづや)
  • 現年齢:51歳
  • 性別:男
  • 党派:国民・現
  • 肩書き:党参院幹事長
  • 学歴:米国オハイオ州オタバイン大学政治学部・国際問題研究学部 卒業
  • 職歴:1994年菊川町議会議員 当選(1期)2001年参院選挙初当選、3期務める。
    防衛副大臣、外務副大臣、参議院内閣委員長等を歴任。現在、国民民主党参議院幹事長、国民民主党静岡県連会長を務める。

[box02 title=”主な公約・政策主張”]

しんば賀津也5つの基本理念

2001年の初出馬から現在に至るまで、この5つの基本理念を、私の活動の柱としています。

  1. 次代を担う子供たちが誇りと希望を持てる国のあり方を考えたい
  2. 地方議員の経験を生かし、地域のニーズに応えたい
  3. 日本と日本人の安全を護りたい
  4. 世界の紛争地域、貧困問題の解消に取り組みたい
  5. 参議院の独自性を強め、我が国における「二院制」を機能させたい

しんば賀津也の7つの挑戦

  1. 「みんなでみんなを支える」社会保障制度を確立します!
  2. まじめに働く人が報われる社会を実現します!
  3. 「人づくりは国づくり」後世につなぐ人材教育を充実します!
  4. 静岡の第一次産業を活性化し、日本を元気にします!
  5. 国と地域の防災力強化で、国民の命と暮らしを守ります!
  6. 真の「地域主権」を復活し、私たちのふるさとを元気にします!
  7. 現実的平和主義で日本を守り、世界の平和と安定を目指します!

公式HPより

[/box02]

鈴木 千佳(すずき ちか)の経歴やプロフィール

  • 名前:鈴木 千佳(すずき ちか)
  • 現年齢:47歳
  • 性別:女
  • 党派:共産・新
  • 肩書き:党県常任委員
  • 学歴:静岡大法経短期大 卒業
  • 職歴:党県青年学生部長などを歴任。これまでに県議選(静岡市駿河区選挙区)に二回(2011年、2015年)、参院選(2016年)と衆院選静岡1区(2017年)に立候補している。

[box02 title=”主な公約・政策主張”]

減らない年金に

  • 7兆円もの削減となる「マクロ経済スライド」を廃止
  • 低年金者に一律・年6万円の底上げを

消費税10%中止、暮らしに希望を3つのプラン

  1. 8時間働けば普通に暮らせる社会に
    • 最低賃金自給1500円へ
    • 「残業代ゼロ」制度の廃止
    • 正規雇用が当たり前のルールを
  2. お金の心配なく学び、子育てできる社会を
    • 大学・専門学校の授業料を半額に
    • 70万院につき三万円給付制奨学金
    • 認可保育園の30万人分増設
  3. くらしを支える安心の社会保障に
    • 「均等割」「平等割」なくし、国保料(税)大幅値下げ
    • 子ども・障がい者の医療費負担軽減、生活保護切り捨て中止

選挙公報より

[/box02]

牧野 京夫(まきの たかお)の経歴やプロフィール

  • 名前:牧野 京夫(まきの たかお)
  • 現年齢:60歳
  • 性別:男
  • 党派:自民・現
  • 肩書き:元国交副大臣
  • 学歴:早稲田大学法学部 卒業
  • 職歴:テレビ静岡の報道記者を12年務める。1995年県議会議員を3期、2007年より参議院議員2期。自民党参議院副幹事長、外務大臣政務官、国土交通副大臣を歴任。

[box02 title=”主な公約・政策主張”]

牧野たかお 政策理念

「公正で安心できる社会を築く」

  • 子育てが幸せと感じられる支援の充実
  • いじめ防止のための法律を整備
  • 若者世代に引き継げる持続可能な社会保障制度の再構築
  • 国民誰もが医療サービスを受けられる国民皆保険の堅持

「力強い日本を取り戻す」

  • 経済成長と雇用の安定の実現
  • 誇りの持てる外交と安全保障の確立
  • 東日本大震災・原発事故からの力強い復興
  • 21世紀の新分野産業への支援

「たくましい静岡県を創る」

  • 災害を乗り越えられる強い県土づくりの推進
  • 静岡県型 農業・林業・水産業の再生
  • 静岡県の物づくり産業の応援
  • 人が集まる静岡県の商業地・観光地づくり

公式HPより

[/box02]

徳川 家広(とくがわ いえひろ)の経歴やプロフィール

  • 名前:徳川 家広(とくがわ いえひろ)
  • 現年齢:54歳
  • 性別:男
  • 党派:立憲・新
  • 肩書き:政治経済評論家・元国連食糧農業機関職員
  • 学歴:ミシガン大学大学院修士課程修了(経済学修士)コロンビア大学大学院修士課程修了(政治学修士)
  • 職歴:国際連合食糧農業機関(FAO)に勤務、ハノイ支部に勤務し、技術指導を行う。現在、政治経済評論家、翻訳家、德川記念財団理事を務める。

公式HP ツイッター

[box02 title=”主な公約・政策主張”]

すべての世代を支える やさしい政治が求められます

  • それぞれの能力が活かせる、伸びのびとした自由な社会の実現
  • 日々の生活の不安をなくし、消費・投資を増やす経済政策の推進
  • 無慈悲な競争至上主義を見直し、きめ細やかなセイフティネットの整備
  • これからの社会を見据えた、自立・子育て・教育への大胆な投資

親と子どもへのやさしい支援
人口が減少する時代でも豊かさを実感できる社会へ

  • ひとり親家庭などの自立を支援
  • 住宅支援、生活保護の柔軟な支給
  • 子ども一人ひとりの環境に応じた支援
  • 高齢者をケアする介護福祉士の待遇を改善

教育・研究の充実による成長社会の実現
一人ひとりが、その人にとって最高の教育を受けられる社会へ

  • 教育投資の充実による生産性の向上
  • 知的財産を産み出す大学における研究への投資
  • 教育現場における先生たちの長時間労働の改善

浜岡原発の完全廃炉
持続可能で安全なエネルギー政策へ

  • 原子力以外の新旧発電技術の革新 への投資
  • 小規模水力発電促進のための規制改革
  • 中山間地での非常時燃料用木質ペレットの備蓄促進
  • 本格的な脱原発へ向けた安全な核ゴミ処分方法の研究促進

静岡県の多様な魅力を国内外へ効果的に発信
地域の個性を活かした新しい発展モデル

  • 民間資金の活用による交通インフラの整備
  • 滞在型国際リゾート化の推進
  • 魅力ある自然と食材の認知度をアップ

公式HP「政策」より

[/box02]

畑山 浩一(はたやま こういち)の経歴やプロフィール

  • 名前:畑山 浩一(はたやま こういち)
  • 現年齢:49歳
  • 性別:男
  • 党派:諸派・新(NHKから国民を守る党)
  • 肩書き:運送会社社員
  • 学歴:北海道札幌琴似工業高校 卒業
  • 職歴:現在運送会社社員

[box02 title=”主な公約・政策主張”]

NHKをぶっ壊す!
来年からインターネットでもNHKが視聴できるように国会で決定しました。

このままでは、「テレビがない」「NHKをみてない」でも支払いの義務が発生します!!!!

NHKから国民を守る党はNHKスクランブル放送の実現に向け、国の中心から変えていくため全国から立候補しています。

選挙公報より

[/box02]

[quads id=3]

参議院選挙2019|静岡県選挙区の情勢と当落予想

今回の選挙は、2013年の参院選で選出された方の任期満了による選挙となります。そこで2013年の選挙の結果を見てみます。

 

氏名 得票数 得票率 政党 新旧
当選 牧野 京夫 634,789 41.54% 自民
当選 榛葉 賀津也 458,095 29.98% 民主
鈴木 唯記子 187,055 12.24% みんな
望月 飛竜 119,109 7.79% 維新
森 大介 115,411 7.55% 共産
中野 雄太 13,692 0.90% 諸派

朝日デジタル 2013参院選 選挙区開票速報:静岡(改選数2)より

今回の選挙は、現職(自民・国民)の2人、新人(立憲・共産・N党)の3人の、5人が立候補されました。立憲民主から徳川宗家19代目、徳川家広氏が立候補することになり、混戦模様となっています。

自民の牧野氏は2013年から見ても、当選は間違いないでしょう。

共産党の鈴木氏。共産党の獲得票は、2013年の参院選では11万票でした。当落ライン上に上がるには少し厳しい印象です。

残り1席を国民現職の椎葉氏と立憲徳川氏が争うことになりそうです。

現職の実績か、徳川家のネームバリュー×立憲民主の風か。最後まで目が離せない、静岡選挙区です。

[quads id=2]

まとめ

以上、参議員選挙2019静岡県選挙区の開票速報・開票結果、当落予想と立候補者一覧情報についてでした。

 

徳川宗家19代目が立候補とは、当選した暁にはなにか歴史を変えてくれそうな、根拠のない予感や期待感が!?

そんな根拠のない印象には流されないように、あなたの大切な一票で、日本の将来の選択を!

よろしくお願いいたします。

目次
閉じる