民主党千葉県総支部連合会

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
ニュース議員紹介行事予定県連役員紹介ご意見・ご要望リンク
2010/08/29 党千葉県連「政治スクール第3期」開講

 

 民主党千葉県総支部連合会(生方幸夫代表)は、8月29日千葉市で「県連政治スクール(千志塾第3期・年間12回開催)」の開講式を行いました。冒頭挨拶に立った、生方代表は「政権交代をして1年。成果を求める国民の声は厳しい」と前置きし、「政権交代が実のあるものとするため来年の統一地方選挙が大事」と「地方議員予定者を中心とした」今回の塾の意義を強調しました。

 

 開講式に続いて、記念講演には、「民主党政権2年目の課題」と題して、飯尾潤・政策研究大学院大学教授から、政権交代2年目を迎えた民主党政権の課題について熱い講義を受けました。
飯尾講師は、冒頭、一昨年のこの政治スクールで、「政権交代1年目でそんな成果は出来ない」と言ってきたが、現実的にもその通りになっているーとして、「改革には時間がかかるのであり、成果が出るまでみんなで支える事の重要性」と、ここでの踏ん張りが大事であることを繰り返し強調しました。
 また、「政権運営の問題点」と「政策調整の課題」等が鋭く指摘されるとともに、「マニフェスト」について、力がないうちはゆっくりと動き、力を蓄えたら一気に行うことが大事だと述べた上で「子ども手当」などの取り組みについての問題点を指摘しました。最後に、「政党とは何か」の原点に帰り、「現場の声を伝えるシステム」と「政権運営の中で相談をする仕組みの改善」が急務であることを繰り返し強調し、講義を締めくくりました。

 

 逢坂講師は、冒頭、党代表選にふれ、「新しい公共」「地域主権改革」「東アジア共同体」「CO2・25%削減」「国家戦略局」「政治主導」―など鳩山政権が十分に達成し得なかった課題について「争点」になると前置きして、政権交代後のこれまでの取り組みにつていて次のように述べました。
 日本における政権交代は1955年以降初めて行われたもので、「政権交代した結果」期待と違うという声が大きい。その原因は、「24時間営業の日本料理店が、一夜で経営者が変わり、フランス料理店を始めている事に似ている」として、相当に骨の折れる、そして、困難の伴う仕事であることを強調しました。
 困難の最大のものは、日本の財政の問題で「事業仕分けだけではうまくいかない」現実があることを繰り返し強調し、財源のない中で「どの政策を優先させるのか」「個別政策と全体との整合性」などギリギリの議論が必要であることも率直に訴えられました。
 また、「地域主権について」これまで国が上から下へ押しつけるのではなく、地域の実態に応じて、多様な実態が生まれてくる。さらに「議会改革」についても、ともすれば「議員定数」に焦点が当たってきているが、これは本質的なものではないと疑問を呈しました。
 最後に、逢坂講師は、「地域主権」「新しい公共」について、「なによりも地域の自発性、自分たちが考えるー依存的な考えから抜け出すことが大事だ」と繰り返し訴え、講演を締めくくりました。


2010/08/24 市川市県議補欠選挙 鈴木眞志さんを公認決定

 現職県議の死去に伴う、市川市県議補欠選挙(定員6・欠員2)が、9月3日告示、12日投票で行われます。 23日開かれた民主党本部常任幹事会(持ち回り)において、千葉県連から公認の上申をしていた、鈴木眞志さん(すずきしんじ・新人・38歳・党6区総支部政策委員長)を協議した結果、公認予定候補として決定しました。

鈴木しんじ事務所
〒 272-0034 千葉県市川市市川2-22-6 DSビル1F
TEL : 047-371-3180 FAX : 047-702-7380
http://www.suzuki-shinji.net/

2010/08/20 市川市県議補欠選挙 鈴木眞志さんを公認申請へ

 現職県議の死去に伴う、市川市県議補欠選挙(定員6・欠員2)が、9月3日告示、12日投票で行われます。
民主党千葉県連はこのほど、持ち回りの「総支部長」「幹事会」合同会議で、 党6区総支部(生方幸夫総支部長)より公認申請のあった、鈴木眞志さん(すずきしんじ・新人・38歳・党6区総支部政策委員長)を協議し、党本部に公認申請することを決定しました。


2010/08/10 浦安市長選挙 折本ひとみさんを推薦へ

 任期満了に伴う、浦安市長選挙が10月17日告示、24日投票で行われます。 民主党千葉県連は10日、持ち回りの「総支部長」「幹事会」合同会議で、 党5区総支部(村越裕民総支部長)より推薦依頼のあった折本ひとみさん(新人・52歳・浦安市議2期)を推薦することを決定しました。


2010/08/6 「総支部長」「幹事会」合同会議開催

 民主党千葉県総支部連合会は、8月定例の「総支部長」「幹事会」合同会議を、8月6日に開催し、参議院選挙総括をまとめるとともに、当面する統一地方選挙に向けて力を合わせて行く事を決めました。
  生方代表は、冒頭挨拶で、「本日臨時国会が終わり、引き続き党代表選がある」と前置きし、「来春の統一自治体選挙に向けてこの夏を大事に使おう」と訴えました。
  会議では、①「参議院選挙総括」については、7月に出された「総括案」を基に、この間の諸会議で出された意見などをまとめた「選挙総括案」を、統一自治体選挙に生かしていく事が了承されました。②「統一自治体選挙」については、「県議・千葉市議の第2次公認申請と、一般市町村議の第1次公認申請については、・8月30日までに総支部から「県連選挙対策委員会」に「候補者申請書類」を提出する。③8月から「出前民主党」の取り組みを開始する④「政治スクール」第3期を8月29日から開講するーことを確認しました。


2010/08/2 県連「第2回地方議員団会議」開催

 民主党千葉県総支部連合会は8月2日、県連「第2回地方議員団会議」を開き、「厳しい参議院選挙結果を受け、改めて統一自治体選挙勝利に向けて、身をしき締めて取り組んでいく」事を改めて確認しあいました。
 会議冒頭挨拶に立った、布施貴良・地方議員団会議会長は、参議院選挙結果は厳しかったが、「統一地方選挙に向けて身をしき締めて取り組んでいこう」と訴えました。県連を代表して挨拶に立った、田中信行・県連幹事長も、現在、全党的な「参議院選挙総括が進められている」として、当面する「一つ一つの取り組みを着実に積み上げるとともに、早急に、県議、千葉市議の第2次、一般市町村議の第1次の公認申請作業を急ぐよう」強調しました。
 このあと、「政策研修」に入り、若井康彦・衆議院議員(13区総支部長)を講師に「一括交付金について」をテーマに講演を受けました。
若井講師は、今話題となっている一括交付金は、正式には「社会資本整備総合交付金」とよばれるもので、これまでの個別補助金を一つの交付金に原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金であるとともに、「地域主権戦略」の柱であることを説明し、今年度は、本当の意味で正念場を迎えていることを強調しました。
 休憩を挟んで、「県連活動報告」が田中幹事長、各委員会委員長から報告され、「党代表選挙」について、事務局から説明を受けました。
 この後「議会報告」が、矢崎堅太郎・県議から「かずさアカデミアパーク」、 今村敏昭・千葉市議から「政務調査費」について、広瀬義積・四街道市議から「市議会の議会改革」についてそれぞれ報告を受けました。
 休憩を挟み、今回初めて企画された「友誼団体との交流」が、小栁光廣・連合千葉事務局長を迎え、プロジェクターを使っての「連合千葉の活動」について内容豊かな活動報告を受けました。

布施貴良・地方議員団会議会長
田中信行・県連幹事長
若井康彦・衆議院議員
矢崎堅太郎・県議
今村敏昭・千葉市議
小栁光廣・連合千葉事務局長


資料・過去のニュース
・政治スクール「千志塾」 ・2009千葉市長選挙  

・ローカルマニフェスト

・2007出前民主党 ・2009千葉県知事選挙

・第12回定期大会    
・第9回定期大会 ・第10回定期大会 ・第11回定期大会

平成22年7月    
平成22年4月 平成22年5月 平成22年6月
平成22年1月 平成22年2月 平成22年3月
平成21年10月 平成21年11月 平成21年12月
平成21年7月 平成21年8月 平成21年9月
平成21年4月 平成21年5月 平成21年6月
平成21年1月 平成21年2月 平成21年3月
平成20年12月 ・平成20年11月 ・平成20年10月
・平成20年9月 ・平成20年8月 ・平成20年7月
・平成20年6月 ・平成20年5月 ・平成20年4月
・平成20年3月 ・平成20年2月 ・平成20年1月

・平成19年のニュース