民主党千葉県総支部連合会

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
ニュース議員紹介行事予定県連役員紹介ご意見・ご要望リンク
2009/08/31 国民のさらなる勝利に向けて 民主党代表 鳩山由紀夫

 このたびの選挙で国民の皆さんは、勇気をもって「政権交代」を選択していただきました。また、民主党に圧倒的な議席をいただきました。

  民主党代表として、国民の皆さんに心から感謝申し上げます。
  同時に、今回の総選挙の結果を民主党全体として、厳粛な覚悟を持って受け止め、その責任を果たしていく決意です。

  今回の総選挙は、自民党を中心とした与党連立勢力対民主を中心とした野党連立勢力が真っ向から対峙し、政権交代を賭した政党選挙が繰り広げられ、政権交代が実現されたという点で日本の憲政史上初めてのケースであり、本日はまさに歴史的な一日となりました。

  私は、今回の選挙結果を、単純に民主党の勝利ととらえてはおりません。国民の皆さんの政治へのやりきれないような不信感、従来型の政治・行政の機能不全への失望とそれに対する強い怒りが、この高い投票率となって現れたのだと思います。

  その意味では、民主党や友党各党はもちろん、自民党、公明党に投票なさった皆さんも、誰かに頼まれたから入れるといったしがらみの一票ではなく、真剣に、日本の将来を考えて一票を投じていただいたのではないかと思います。この夏は、多くの国民が、真剣に日本の未来を考えた四十日間だったのではないでしょうか。そうだとすれば、この選挙、この政権交代の勝利者は、国民の皆さんです。

  私は、この歴史的な出来事には、三つの意義があると考えます。
  それは三つの「交代」です。

  第一には、当然のことながら、政権の交代であります。

  戦後長く続いた自由民主党による事実上の一党支配の弊害は明らかです。
  そうした政治体制を招いた一端は、野党の政権担当意思の欠如でありました。今回の結果を機に、政党は互いの揚げ足取りや批判合戦の政治ではなく、各政党がその長所を発揮し、政策面でしのぎを削り、議会制民主主義を発展させ、国民にとって政治を前進させる、真の意味での責任ある政党制を実現してゆかなければなりません。

  第二には、古いものから新しいものへの円滑な交代と融合です。

  今回、多彩な新人議員が非常に多く当選させていただきました。たとえ永田町での経験が不足していても新鮮な感覚で政治や行政体制を刷新せよとの国民の皆さんの変化への期待、古い体質から新しい改革への審判を重く受け止めさせていただきます。

  私たち民主党は、ベテラン・中堅・若手、そして男性と女性、さまざまな経験、経歴を持った人間が、それぞれの持ち味を出し合い、世代と性別を超えた力の融合を図り、改革を実現することに全力を傾けて参ります。

  第三には、主権の交代であります。

  国民の皆さんは、長く続いた官僚支配・利権政治を終焉させ、本当の意味での国民主権、機会均等の、公正かつあたたかみのある政治を望んで、一票を投じていただきました。

  かつて戦後の復興と高度成長期に、志ある政治家と粉骨砕身の努力を惜しまなかった官僚たちの努力が大きな役割を果たしたことを国民の多くが記憶しています。
  私たちは、政治と行政が誰のために存在しているか、もう一度、その原点に立ち戻り、国民と政治家と官僚との関係をとらえなおさなければなりません。
  私たち民主党は、「政治主導」が、単に政治家の官僚への優位を意味するのではなく、常に国民主導・国民主権を意味しなければならないことを肝に銘じなければなりません。

  「官僚たたき」「役人たたき」、そういった誰かを悪者にして、政治家が自らの人気をとるような風潮を戒め、政治家自らが率先垂範して汗をかき、官僚諸君の意識をかえる、新たな国民主権の政治を実現していきます。

  民主党は、議員一人ひとりが、この大勝に酔いしれることなく、数に奢ることなく国民の皆さんからいただいた議席の意味を深くかみしめたいと思います。
  党利党略や反対勢力への意趣返しに走り、政権交代そのものに浮かれてはならないことを銘記します。
  民主党は、国民の怒り、政治への不信を真摯に受け止め、これまでの負の遺産を一掃し、身動きの出来ない政治・行政の体制を根こそぎ見直して、政治・行政の停滞を打開していきます。

  それを成し遂げて初めて、民主党及び各政党は勝利への道のりを歩み始めることが出来るのだと思います。

  もちろん政治改革だけが、政府の仕事ではありません。
  直近の景気回復や、年金などの諸問題、さらには三十年、五十年先を見据えた、日本の国のあり方を大胆に問う政策も実現させていきたいと考えています。

  戦前、日本は、軍事によって大きな力を持とうとしました。戦後は経済によって国を立て直し、国民は自信を回復しました。しかし、これからは、経済に加えて、環境、平和、文化などによって国際社会に貢献し、国際社会から信頼される国を作っていかなければなりません。
  アメリカと中国という二つの大国の間で、しかし、日本が果たせる役割は小さくないはずです。
  私たち民主党は、日本に暮らすすべての人々が、誇りを持って生活を送れる、新しい国家の形を提言していきたいと考えています。

  私は、本日の国民の皆さんの審判に基づき、明日にも、政権の移行が円滑かつ速やかに行われるよう準備を開始いたします。同志とも協議を進めつつ、現内閣に対しても、国民本位の政権移行に向けて協力を求める必要があります。

  民主党は、新政権の発足とともに、わが国の政治・行政の大刷新にとりかかります。 同時に、国益、国民の利益の観点から、必要な措置については、麻生政権の取り組みについても是々非々で判断し、継続発展させていくべき事項も存在すると考えます。喫緊の課題である新型インフルエンザ対策や、安全保障面での脅威への対処、各種の災害への備えなどがまさにそうした政策課題です。

  本日が、国民のさらなる勝利に向けたたたかいの初日となること、民主党は、そのたたかいでの勝利を目指して、これから険しく長い旅路を歩まなければならないことを胸に刻み、これからの一日一日に全力をつくします。

  国民の皆さんのご支援とご協力を心からお願い申し上げて、民主党を代表して私からの御礼と今後の決意とさせていただきます。


2009/08/31 「チームちば・13名」全員当選


 「政権選択」をかけた第45回衆議院議員選挙が8月30日投開票され、
民主党は全国で308議席、千葉県で小選挙区11名、比例復活2名、比例単独2名-計15名の議席を獲得することができました。
 「国民の生活が第一」の公約実現に向けて、全党一丸となって取り組んでいく決意です。これまでのご支援・ご協力に感謝いたします。


2009/08/16 岡田幹事長、1区、3区、5区を遊説

 岡田幹事長は、16日猛暑をついて、5区、1区、3区を遊説しました。


2009/08/02 鳩山代表、国民の皆さんが求めるところに税金が使われる政治を

 鳩山由紀夫代表は2日、千葉県下を精力的に回り、おくの総一郎・千葉県第9区、谷田川元・同10区、若井康彦・同13区、内山晃・同7区の各総支部長とともに街頭演説をそれぞれ行い、「税金のムダ遣いをなくし、国民の皆さんが求めるところに税金が使われる政治に変えていこう」と訴えた。

 最初の街頭演説会場となった四街道市のJR四街道駅前を埋め尽くした1500人ほどの皆さんに対して、おくの9区総支部長は「私はもともとは官僚でした」と自らを紹介。「政権交代を夢見て、この国に政権交代が必要だと思って」総支部長として日々活動する道を選んだと語り、「その夢が間もなくかなおうとしている」と表明。その実現に向けて、民主党への支持を訴えた。

 おくの総支部長はまた、日本の失業率が戦後最悪の5・4%を記録したことにも言及。「雇用調整助成金によって350万人の方々が職を得ていることをふまえて考えると、この方々も含めるとなんと日本の失業率は8・8%になる」と分析し、日本社会の深刻な実態を明らかにした。また、麻生首相が先の国会で次々に打ち出した補正予算について、「経済が大事ということで総理は補正予算を組んだが、その効果はまったく現れていない。国の借金だけが増えて、一向に景気はよくならない」と指摘。そうした現状に対し、政権交代によって税金の使い方を変え、皆さんの暮らしを変えていきたいと力説した。

 成田市で行われた街頭演説では街宣車を取り囲むようにすり鉢状の広場に約5000人の皆さんが集まり、政権交代への期待の高まりを感じさせた。そうしたなか谷田川10区総支部長は、「郵政が民営化されればすべてがばら色になると4年間の選挙で自民党は訴えたが、ご自分の暮らしが良くなったという人はどれだけいるか」と問いかけると、「いるはずない」「いない」の声が皆さんの間から続いた。谷田川総支部長は、銚子市立病院が閉鎖に追い込まれた例をあげ、医師不足など医療現場の崩壊の実態を明かすとともに、これまで自公政権は医師不足の実態を否定し続けてきた点も指摘。「世界と比べても日本の医師不足の現状は深刻だ」として、「必要な医療に皆さんの税金が使われる形に変えて行こうではないか」と述べ、国民の皆さんの手で政治を変えていくことの重要性を強調した。

 続いて行われた印西市での街頭演説では、大型店舗から出てきた人たちが次々に演説を聞きいる聴衆の皆さんの輪に加わり、幾重にも街宣車を取り囲んだ。そうしたみなさんに対して若井13区総支部長は、「少しでも早く税金の使い方をあちらからこちらへと移すべきときだ」と力説。その理由として一昨年から、2000年間人口が減少したことがない日本で人口減少が起こっていると指摘し、これまでの政治手法は通用しないことを明らかにした。そのうえで若井総部長は「そのための状況を整える必要がある」として、少子化対策が「政治のまったなしの課題になっている」と分析。しかし現政権はその実現への役割をまったく果たしていないとした。若井総支部長は毎年3万人の自殺者が出てしまっている日本の現状も憂慮し、「こうした状況を変えることこそ、次の時代を開く唯一の道筋だ」と語った若井総支部長は、その実現を民主党にまかせてほしいとした。

 新松戸駅前の街頭演説も多くの皆さんで駅頭は埋め尽くされた。鳩山代表は社会保険労務士でもある内山7区総支部長について、年金問題のプロとして、「消えた年金」「消された年金」の問題解決において不可欠な人材だと評し、これらの問題について民主党は国家プロジェクトとして取り組み、早期の解決を目指していくことをマニフェストにも盛り込んだことを紹介し、「そのプロジェクトにおいても重要な人材だ」とした。

 鳩山代表はまた、徹底的に税金のムダ遣いを調査していくなかで得られた財源によって子ども手当てや戸別所得保障制度、年金問題の解決など、民主党が政策を実現していくことができるとして、消費税を4年間は引き上げないことを改めて表明した。同時に民主党に対して、「民主党は財言論があいまい」などと批判し続けてきた自民党のマニフェストにおいては、一切、財源が示されていない点も取り上げ、「民主党と自民党、どちらがまじめに国民のみなさんの政治を立て直そうとしているのか見比べてほしい」と語った。

 さらに鳩山代表は、4年前の衆院総選挙で自民党がマニフェストで示した政策について「民営化すればすべてはばら色に」どころか、日本全国でさまざまな格差が拡大し、全国で深刻な事態となり、まさに「マニフェスト違反」となっている点を指摘。「彼らに総括してもらい、彼らに責任をとってもらおうではありませんか、皆さん」と問いかけると、賛同の拍手と「そうだ」の掛け声がつづいた。



資料・過去のニュース
・政治スクール「千志塾」 ・2009千葉市長選挙  

・ローカルマニフェスト

・2007出前民主党 ・2009千葉県知事選挙
・第9回定期大会 ・第10回定期大会 ・第11回定期大会

平成21年7月    
平成21年4月 平成21年5月 平成21年6月
平成21年1月 平成21年2月 平成21年3月
平成20年12月 ・平成20年11月 ・平成20年10月
・平成20年9月 ・平成20年8月 ・平成20年7月
・平成20年6月 ・平成20年5月 ・平成20年4月
・平成20年3月 ・平成20年2月 ・平成20年1月

・平成19年のニュース