民主党千葉県総支部連合会

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
ニュース議員紹介行事予定県連役員紹介ご意見・ご要望リンク

2009/06/26 農林水産キャラバンが千葉県香取市で意見交換会を開催

 

 民主党農林水産キャラバンは26日、千葉県香取市を訪れ、現地の視察や意見交換等を行った。今回の農林水産キャラバンには、高橋千秋座長、郡司彰、平野達男参議院議員、地元から、長浜博行参議院議員、千葉10区の谷田川はじめ候補らが参加した。

  一行は、小見川地区の遊休農地復田現場、山田地区の養豚場、栗源地区の野菜圃場、道の駅くりもと紅小町の郷等を視察するとともに、JAかとり栗源支店で農林水産政策に関する意見交換会を行った。

  冒頭、高橋千秋座長より、「民主党のマニフェストの骨格も固まりつつあるが、農林水産政策は必ず含まれるはずだ。ここ何年もの間、農林水産政策が選挙の争点になることは少なかったが今は違う。地域の再生は農山漁村からであると考えている」と述べ、農林水産政策が注目されている現状について触れた。さらに、「民主党は2007年に農業者戸別所得補償の考え方を提起して、参議院で可決しているが、今年に入ってから、森林・林業、水産、酪農等の政策を拡充した『農山漁村再生法案』を提出した」と述べ、農山漁村を6次産業化(1次産業×2次産業×3次産業=6次産業)して地域を再生させる必要性についての説明がなされた。

  会場からは、「戸別所得補償制度について」、「農産物の税金について」、「国産品の消費拡大について」、「農地法改正について」等の質問が出され、これらの意見に対して、高橋座長、郡司、平野、長浜議員がそれぞれ応えた。

  戸別所得補償については、「これまでの政府が進めてきた農業は、せっかくの補助金が農家に直接支払われておらず、結果として農業を続けていくことができない状況になっている。民主党はこれを戸別所得補償制度で変えていきたい。戸別所得補償の考え方は、欧米諸国では当然の政策であり、実際に自給率を上げることに成功している」と述べ、戸別所得補償制度の必要性を強調した。

  農産物に関する税金については、「民主党は今後4年間は消費税を上げないと言っているが、農産物については内税となっており、この負担が大きくなっている。その点も含めて検討していく必要はあると思う」と述べた。

  トレーサビリティと原産地表示の徹底に関しては、これによって国産品の消費拡大につながるのではないかと考えていると指摘。「特にトレーサビリティは牛肉と米のみが対象となっているが、これを拡大していくことが必要だ。しかし、これにはコストがかかるため、急激に進めると、中小企業に影響が出る可能性があるので、その点に気をつけながら進めていきたい」とした。

  農地法の改正については、「今回の農地法改正で、農地の賃借権についてのみ、事前のチェックと事後の監視をきちんと講ずることを前提に、株式会社等一般法人に事実上門戸を開放した。農業経営に参入することを認めたものだ。株式会社は利益が上がらなければ撤退するため、耕作放棄地が拡大するのではないかという懸念はあるが、担い手が多様化するので農業の活性化が期待される。また、流通チャネルの多様化と販売機会の拡大が促進され消費者にとっても良い話だが、生産者にとってはいままでと同じことをやっているだけでは過当な競争にさらされ、厳しい状況になる可能性もある」と述べ、農地法改正のメリット、デメリットを語った。

  最後に、「千葉県においては都市部に人口が集中しているが、香取市のような基幹産業が農業だという地域も多く存在する。民主党は都市型政党だと言われるが、そんなことはない。このあとも農林水産キャラバンは、三重、京都の農山漁村地域で意見を伺うことになっているが、引き続き地域の声を聞きながらより良い農林水産政策を打ち出す努力をしていきたい」と述べ、会を締めくくった。


2009/06/23 党本部常任幹事会で熊谷千葉市長が挨拶
 鳩山由紀夫代表は23日午前の常任幹事会で挨拶、14日の千葉市長選挙で自公推薦候補に5万票以上の大差をつけて初当選した熊谷俊人市長(前市議)を「31歳の若さで50年間続いた官僚市政を打ち破った」と紹介したうえ、「千葉での政権交代のバトンを静岡県知事選挙に渡して勝利したい。それをさらに、国政での政権交代につなげていこう」と述べ、静岡県知事選をテコに衆議院総選挙での勝利に弾みをつけるよう呼びかけた。
  また、当選のお礼に常幹を訪れた熊谷市長は、「鳩山代表はじめ民主党の多くの方々にご支援いただいた」と感謝を表明。新市長としての使命を「私を選んでくれた市民に、政治・行政や生活が変わっていくということを示したい」と位置付けたうえ、「近く行われるであろう総選挙では、国民が勇気を持って変えるという選択を行なって下さるよう願っている。また、民主党と一緒に地方分権を進めていきたい」と述べた。

2009/06/14 出直し千葉市長選挙結果 くまがい俊人さん初当選

  現職市長逮捕・辞任に伴う出直し千葉市長選挙が、6月14日投開票され、民主党推薦のくまがい俊人さん(31歳・前市議)が、「これまでの市政の改革を熱く望む」市民の声を受けて初当選しました。
民主党本部ニュース 千葉市長選 党推薦の熊谷俊人さんが初当選 変革の政治のスタートラインに立つ 

 

 

民主党 岡田克也幹事長 千葉市長選挙結果を受けて(談話) 本部ニュース

 本日実施された千葉市長選挙において、わが党が推薦する熊谷俊人候補が当選を果たしました。ご支持いただきました千葉市民の皆さまに心より御礼申し上げ、応援いただきました皆さまに感謝申し上げます。

  この選挙結果は、収賄容疑で逮捕された前市長をはじめ、助役・副市長が後継の市長となる「慣行」を打ち破り、市民のための市政に変えなければならないという有権者の皆さまの声が結実したものと考えています。

  新体制の下、さいたま市長選挙に続いて勝利することができたことは大きな弾みとなりました。千葉市政において、そして国政において、千葉市民、国民の皆さまのご期待に応えることができるよう、全力を尽くします。

  民主党は、まもなく行われる総選挙で政権交代を成し遂げ、国民の生活が第一の政治を必ず実現します。ご支援ありがとうございました。

以上


 【千葉市長選挙】
  当  170,629票
117,560票
30,933票
くまがい俊人(無所属新、31・前千葉市議) (民主、ネット、新社―推薦、社民支持)
林 孝二郎  (無所属新、63・前千葉副市長) (自民、公明推薦)
結城 房江  (共産新・65・元千葉市議)
  (投票率43.50%、前回比6.3ポイントプラス)

 【区別得票】
 
くまがい
結城
中央区
30.614
27.799
4.660
花見川区
31.115
19.992
7.394
稲毛区
31.287
17.918
4.524
若葉区
25.877
21.188
4.403
緑区
20.928
14.917
2.878
美浜区
30.808
15.746
7.074

2009/06/09 お知らせ-6月定例千葉県議会について

6月定例千葉県議会の日程と、党県議会議員の質問日程決まりました。
11日  開会
17日~19日 【代表質問】
 ・17日午後1時~  田中信行・党県連政策委員長(千葉市若葉区)
19日~24日 【一般質問】
 ・19日午後2時~  田中明・党県議会議員会会長(船橋市)
 ・22日午前10時~ 布施健太郎・党県連政策委員会委員長代行
               (習志野市)
 ・23日午後1時~  天野行雄・党県連総務委員会副委員長
               (千葉市稲毛区)
 ・24日午前11時~ 矢崎堅太郎・党県連青年委員長(浦安市)
26日~29日 【予算委員会】
30日~7月6日【常任委員会】
7月8日  閉会


2009/06/03 鳩山代表、千葉・稲毛駅前で街頭演説「皆さま方が世の中を変える主役」(民主党本部ニュース)

 鳩山由紀夫代表は3日夕、千葉市のJR稲毛駅前で開かれた街頭演説会で、市民の皆さんがふるさとの未来を決める主役だと訴え、生活者起点の民主党の政策への理解を求めた。

鳩山代表は、日本社会の天下りの構造が国をむしばんでいることを非常に懸念していると表明。「だからこそ、大きな政権交代を何としても実現させなければならない。官僚の皆さんがただ悪いと申し上げているつもりはない。官僚任せにし過ぎてしまっている政治の頼りなさが、最も大きな問題だ」と述べた。

そのうえで「政治が市民の皆さんとしっかりタッグを組んで、皆さま方の思いがそのままつながる国政にしたい」と、「国民の生活が第一。」の生活者起点の政治を実現したいという考えを示した。

また、民主党の一丁目一番地は地域のことは地域に任せることができる政治に変えることだと指摘。地方分権という言葉には「分けてあげる」という上から目線が感じられるが、民主党は、地域の皆さんがやりたいと思うことを首長や議会が決めれば、権限と財源を持って実現できるような運営に変えることを目指すとした。

鳩山代表は「皆さま方が世の中を変える主役だ。いくら政治家が大きなことを言っても、政治家が何も決めるものではない。すべて市民の皆さんが、このふるさとの未来を、日本の未来を決める主役だ」として、国政への参画、民主党への支援を訴えた。

街頭演説会には、党所属国会議員や総支部長をはじめ、多くの関係者が参加した。田嶋要衆議院議員(千葉1区)は、ご参集への御礼を述べ、一人でも多くの方に、鳩山代表と仲間のリレー演説を聞いていただきたいとして、司会を務めた。

黒田ゆう千葉2区総支部長は、一人ひとりの力を結集させ、根本的に政治の流れを変えようと呼びかけた。おくの総一郎千葉9区総支部長は、借金を減らしてムダ遣いを止めて、暮らしに役立つように税金を使う道筋をつけないといけないと指摘した。

加賀谷健参議院議員は、稲毛区選出の県議会議員5期の経歴に触れ、安心して民主党を選んでいただきたいとして、若い力による政権交代の実現を訴えた。岡島一正千葉3区総支部長は「今変えなければ、間に合わない」として、日本の財政改革の必要性を主張した。

鳩山由紀夫代表は街頭演説終了後、演説の手応えなどについて、記者団の質問に答えた。

街頭演説の手応えについては、政治をそっくり変えてガラス張りにし、ムダ遣いをなくして箱ものを止めようという考え方に期待が集まっているという考えを示した。

脱官僚の社会を作ろうとしている民主党に対する市民の期待感の高さに触れ、「市民の皆さんの熱狂振りを肌で感じて、身震いするほどの感激をした」と演説への反応を振り返った。


2009/06/03 国交省へ北総線の運賃値下げの要請

 

 

 高運賃に悩む千葉ニュータウンの沿線住民の長年の悲願である、運賃値下げに取り組んでいる「北総線の運賃値下げを実現する会」(吉田治男会長)は6月3日、国交省に国土交通省鉄道局の北村隆志局長に面会し、「成田高速鉄道開通の2010年夏頃までに、高運賃の見直し」の要請を行いました。
 この行動には、長浜博行県連代表、若井康彦13区総支部長、田中明県議会議員会会長も同席し、一日も早い「北総線の運賃値下げの実現」を要請しました。
 この中で、北村局長から「二重運賃は決してあり得ない」「県内のバランスも考えて行かなくては」「今回の成田高速鉄道開通の際の運賃見直しがチャンスだが、財源をどのように考えていくか」―などの説明がありました。
 今回の要請の中では、まだはっきりとした方向性が見えてきていませんが、「二重運賃の回避」は確実になったといえます。
 「北総線の運賃値下げ問題」については、田嶋衆議院議員(1区総支部長)も、去る3月13日の衆議院総務委員会で質問をしており、政府に質問主意書を提出し、回答待ちになっているところです。
 「北総線の運賃値下げ」問題はこれからが正念場であり、6月千葉県議会でも質問が予定されています


2009/06/02 男女共同参画委員会 酒々井町で「農業視察・研修」

 党千葉県連の男女共同参画委員会(委員長・湯浅和子県議)は2日、農業の現状と男女共同参画の視点から、千葉県酒々井町で「農業視察研修」を行いました。
 視察には、湯浅委員長をはじめ男女共同参画委員会のメンバーに加え、若井13区総支部長、天野、遠藤、矢崎の各県議、富田千葉市議、副島長浜秘書などの男性陣など14名が参加。
 酒々井町で農業を営む小坂美恵子さん宅の水田、畑など農業施設と農業の現場を視察した後、千葉県指導農業士資格を持つ小坂さんから「後継者問題」「国の減反政策」「民主党の個別所得補償」―などについてお話を伺い「青空ディスカッション」が行われました。
 一行は、減反政策により、荒廃した水田や、後継者のいない畑の実情を目の当たりにして、アメリカの食糧政策に翻弄される日本の農業の危機を肌で実感をしました。
 この後、集会所に場所を移し、昼食を取りながら、白井市在住の千葉県農山漁村いきいきアドバイザーの武藤栄子さん、同じく白井市在住の野菜ソムリエの芦田恵子さんを囲んで意見交換会を行いました。この中で、武藤さんからは「家族経営協定」、芦田さんからは「農業の創意工夫」についてそれぞれ貴重なお話を頂きました。
 一行は、「政権交代は農業の場でも早急に実現させていかなければ」との思いを強くし、総選挙への奮闘を誓い合いました。

 

 



資料・過去のニュース

・ローカルマニフェスト

・2007出前民主党 ・2009千葉県知事選挙
・第9回定期大会 ・第10回定期大会 ・第11回定期大会

平成21年4月 平成21年5月  
平成21年1月 平成21年2月 平成21年3月
平成20年12月 ・平成20年11月 ・平成20年10月
・平成20年9月 ・平成20年8月 ・平成20年7月
・平成20年6月 ・平成20年5月 ・平成20年4月
・平成20年3月 ・平成20年2月 ・平成20年1月

・平成19年のニュース