2008年2月17日


「民主党千葉県総支部連合会第10回定期大会」メッセージ


民 主 党
代表 小沢 一郎

 「民主党千葉県総支部連合会第10回定期大会」のご盛会を心よりお慶び申し上げます。昨年春の統一地方選挙での躍進に続く参議院選挙において、私たち民主党が参議院第一党となり、野党で過半数を得ることができました。ひとえに党員・サポーターの活動及び支援者の皆様のご理解とご支援の賜物であると、心から感謝を申し上げます。

 さて、今年は、「総選挙決戦」の年となります。民主党はこの決戦に勝利して政権交代を実現し、国民の皆様に約束した「国民の生活が第一」の政策を実行するとともに、民主主義の発展をはかるため選挙による政権交代という快挙を成し遂げ、歴史的使命を果たさなければなりません。

 現在、通常国会の論戦の真っ只中にあります。私たち民主党は、年金改革・子育て支援・農業の再生に全力をあげるとともに、道路特定財源・暫定税率問題をはじめとする公共事業のあり方を、地域主権を確立し国民負担を根本的に改めていきます。

 国民の生活を守るために、そして日本の未来を守るために、皆様のさらに一層の温かいご理解とご支持を頂くため民主党は全員「火の玉」となり活動を展開いたします。民主党千葉県連の躍進をお祈り申し上げ、
メッセージといたします。