2007826

 

民主党千葉県総支部連合会第9回定期大会 メッセージ

                   

                   民 主 党 本 部

                      代 表  小沢 一郎

 

民主党千葉県総支部連合会第9回定期大会のご盛会をお祝い申し上げます。

先の参議院選挙では皆様の御活躍により、目標とした与野党逆転・参議院第一党を達成できましたこと、心から共に喜びたいと思います。

 

 今回の民主党、そして野党の勝利は、安倍・自公政権に対する国民のみなさまの不信任の表明であると同時に、民主党頑張れ、国民への責任を果たせとのお声であると重く受け止めております。

 

 私は約1年半の間、様々な地域を訪ね、荒廃した地域と生活の格差を実感いたしました。これを放置して政治はない、政治は生活である、この思いをみなさんに素朴に、率直にお訴えした言葉が「国民の生活が第一」でした。

 

 マニフェストで掲げた年金改革、子育て支援、農林漁業の再生をはじめとするお約束は必ず果たします。国民への情報公開を拡げ、国民の声を法案にして成立をめざし、国民生活に不利益となる法案の成立は阻みます。

 

 しかし、国民生活を第一とする政治を揺るぎないものとするためには政権交代が必要です。健全な二大政党制の下での常なる政権交代可能な政治構造を築くことこそ、議会制民主主義と生活優先の政治を確立する唯一の道です。

 

 国民の声を政治に、国会に反映させ、この国をまともな国にするために、引き続き民主党へのご理解とご支援を切にお願いします。

 

最後となりましたが、民主党千葉県総支部連合会の益々ご発展とみなさまのご健勝を心よりお祈りいたします。

 

 

以上